「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」不動産投資を学べる、現場の知識を大公開!

menu

不動産投資ブログ「津崎哲郎の不動産投資帝王学」

少しずつ”これは!!”と思う物件が出てきてると思います!!

いいですね〜

しかし・・・冷静さを保っていますか!?

 

不動産投資は”行動スピード””判断力”と先日書きました。

この”行動のスピード”とは慌てて購入しましょう!ということではありません。

最初に物件調査をすぐに行ってください!という意味です!

 

すぐに行動して、購入できるかどうかを判断するスピードが重要です。

 

ここで注意が必要なのが、物件欲しい欲しい病にかかって「前のめり」になっていないかということです!

いつも応援ありがとうございます。
本日も”ポチ”っとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ



物件の購入を考え出して最初は慎重に検討しますが、物件を数棟見るとだんだん自分なりの判断が出来るようになります。

これは!!と思い買付を入れたが2番手だったり、売主の都合で売り止めになったり・・・etc…

不動産投資は””の物とはいえ、なかなか割り切れないと思います。

 

このような状況が続くと、気持ちが熱くなり不動産投資が”ギャンブル”になりかねません!

多くの不動産投資家が同じで、いい物件が現れるとどうしても冷静な判断ができづらくなります。

冷静さを欠いてしますと、物件の欠点は分かっていても長所に目がいってしまいがちです。

そのような時は一呼吸置いて冷静に判断してください!

 

不動産が無くなることはありません。

 

自分が気に入った物件でも、購入できなかった場合”縁がなかった”と諦めることです。

このような心の余裕がいい投資家になる条件です。

多くの物件を所有してある程度慣れてくれば”見切り発車”も大丈夫になってくると思います。

不動産投資初心者はそのような判断はやめましょう。

本当に高い授業料になってしまいます。

 

一番厄介なのが冷静に判断したつもりでも「こんな物件は二度と出ない!早く判断せねば!!」と調査の途中で思ってしまうことです!

 

不動産以外でも物を購入する時によくあると思います。

TVショッピング等で「今買わなければ!!」と思って購入したが、時間が経てば必要なかった・・・

このようなことはありませんか?

 

TVショッピング等の物は失敗しても金額的にしれていますが、不動産の場合はそういう訳にはいけません!!

物件が出た時は、まずは「一呼吸!!」

そして物件調査をスピードを持って行動して下さい。

なんども言いますが、不動産が無くなることはありません。

購入できなくても”縁”がなかっただけと割り切りましょう!!

 

 

不動産は素晴らしいものです!
一緒に悩みましょう!!

 

株式会社ie’sコーポレーション


LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
津崎哲郎

津崎哲郎

バブル景気の生き残り。不動産の裏も表も見てきた男。「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」を合い言葉に不動産のコンサルタントをしています。

Comments

comments

★最後までお読みいただきありがとうございました!
もしよろしければ、ぜひクリックしていただけると助かります↓

建設・不動産業 ブログランキングへ


 

ブログではかけない、不動産投資の裏情報を公開中!


あなたは不動産投資で不労所得を得たくありませんか??不動産の裏も表も知り尽くした、津崎哲郎の不動産投資の裏情報、不動産投資の現場・裏側を知りたくありませんか??メールアドレスのみで費用なく、簡単に購読できます!お役立ち情報や、収益物件情報など、絶対に表には出てこない不動産情報もご提供いたします!!

メルマガ購読・解除
肥後の不動産屋 津崎哲郎の不動産投資帝王学
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 


コメントはこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



バブル景気の生き残り。不動産の裏も表も見てきた男。「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」を合い言葉に不動産のコンサルタントをしています。
プロフィール詳細はこちら

★もしよろしければ、ぜひ応援のために毎回クリックしていただけませんか

建設・不動産業 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

一押しの不動産情報


不動産の相談は
家族の幸せに”イエス”
 

株式会社 ie'sコーポレーション
 

AD