「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」不動産投資を学べる、現場の知識を大公開!

menu

不動産投資ブログ「津崎哲郎の不動産投資帝王学」

マイホーム購入!

色々な悩みがあり、なかなか決めにくいと思います。

確かに大きな買い物ですからね。。。

 

一番大切なのは”本当にそこに住みたいかどうか!?”だと思います。

 

マイホームの購入を検討される年齢層で一番多いのが30代前半。

お子様も幼稚園から小学校低学年の方が多いと思います。

その場合、第一の条件が

「〇〇小学校区内」

確かにそれも悪くないし選択肢の一つだと思います。

 

しかし・・・

いつも応援ありがとうございます。
本日も”ポチ”っとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ



お子様はずっとその小学校に通いますか?

通いませんよね。。。

 

成長とともに中学校・高校・・・

もしかしたら県外の学校へ行くかもしれません。

どうですか!?

それでも学校区が第一の優先順位ですか!?

人気の学校区は地価が高い傾向にあります。

もし売る場合には売りやすいでしょう!

 

しかし、万が一にもその学校区が人気がなくなった場合・・・

将来的に何が起きるかわかりません。

選択肢の一つに加えるのはいいと思います。

 

やはり第一に選択するべきは「将来にわたって自分の生活が描けるか!?」

だと思います。

 

マイホームは基本的にお金を生みません!!

アパマンであれば家賃という収入を得ることができます。

しかし、マイホームは住宅ローンを支払い、年々老朽化していきます。

 

厳しい言い方ですが、住宅ローンを完済するまでは負債だと思っています。

 

では、なぜ?マイホームを購入するのでしょうか!?

人はそれぞれ自分で思い描いた生活があります。

その中には”子供の成長””夫婦の老後”etc…

人それぞれ思いは違います。

 

皆さんに共通するのは

家族の幸せ

ではないでしょうか!?

 

その為には、みんなが将来にわたって住みやすく、楽しくできるマイホームがいいと思います。

無理して地価が高い家を買っても住宅ローンの負担が心に重くのしかかり、毎月の支払いに頭を悩ますかもしれません。

 

今までなんども任意売却や競売の手続きをしてきました。

 

購入した時は夢のマイホーム!

しかし、結果は・・・

 

そのようにならない為にも無理な計画はせずしっかりと考えて購入しましょう!

 

一番やってはいけない事!!

 

焦って購入する事です!!!!!

 

不動産がなくなることはありません。

 

しっかりと悩みましょう。

 

ぜひご相談ください。

一緒に悩みましょう!!

 

株式会社 ie’sコーポレーション

〒860-0802
熊本市中央区中央街7−2
電話096-285-9577
FAX096-285-9578


LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
津崎哲郎

津崎哲郎

バブル景気の生き残り。不動産の裏も表も見てきた男。「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」を合い言葉に不動産のコンサルタントをしています。

Comments

comments

★最後までお読みいただきありがとうございました!
もしよろしければ、ぜひクリックしていただけると助かります↓

建設・不動産業 ブログランキングへ


 

ブログではかけない、不動産投資の裏情報を公開中!


あなたは不動産投資で不労所得を得たくありませんか??不動産の裏も表も知り尽くした、津崎哲郎の不動産投資の裏情報、不動産投資の現場・裏側を知りたくありませんか??メールアドレスのみで費用なく、簡単に購読できます!お役立ち情報や、収益物件情報など、絶対に表には出てこない不動産情報もご提供いたします!!

メルマガ購読・解除
肥後の不動産屋 津崎哲郎の不動産投資帝王学
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 


コメントはこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



バブル景気の生き残り。不動産の裏も表も見てきた男。「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」を合い言葉に不動産のコンサルタントをしています。
プロフィール詳細はこちら

★もしよろしければ、ぜひ応援のために毎回クリックしていただけませんか

建設・不動産業 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

一押しの不動産情報


不動産の相談は
家族の幸せに”イエス”
 

株式会社 ie'sコーポレーション
 

AD