「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」不動産投資を学べる、現場の知識を大公開!

menu

不動産投資ブログ「津崎哲郎の不動産投資帝王学」

家族が集まりやすい”連休”こんな時だからこそ、しっかり「相続」の話をしましょう!

0126

みなさん、連休をいかがお過ごしですか?

連休にも関わらず”物件査定”に回っている

どっから見ても「バブル時代の地上げ屋」津崎です!

なぜ?連休中に物件査定の依頼が多いのか??

各地に散らばってる「家族」が集まりやすいからです。

皆さんは平成27年1月1日の相続分から、基礎控除が引き下げになるのを知っていますか?

この結果、今までは相続税納税者の割合が100人なくなると4人だったのが、6〜7人程度になると予想されています!

 

いつも応援ありがとうございます。
本日も”ポチ”っとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ



0517

今までは、思った程は相続税を支払う方は多くはいませんでした。

相続税を支払うのは『地主大家』さんがほとんどでした。

何の対策もせずに、ご先祖様からの大事な資産を売りに出される大家さんを多く見てきました。

相続の話を”タブー視”されるご家庭が多くあります。

しかし、しっかり対策をしなければ、せっかくの資産がなくなってしまいます。

昔から「土地持ちは3代続かない!」って言いますよね!

来年からは「相続なんて関係ない」と言っていたあなたも、相続税を払うかもしれません!

 

相続税は”すべての相続財産”に税金がかかるのではありません。

課税価格の合計額から一定の控除があります。

これを「基礎控除」と言います。

この「基礎控除」がこれまでの額から6割に引き下げられます。

 

今までは

定額控除額      5000万円

相続人数比例控除   1000万円 × 相続人数

例えば 相続人(妻・子供2人)だった場合

5000万円+3000万円=8000万円

これが基礎控除額でした。

遺産総額が6000万円だった場合6000万円ー8000万円=▲2000万円相続税は0円です。

 

では、来年からはどうなるのでしょう?

定額控除額      3000万円

相続人数比例控除   600万円 × 相続人数

例えば 相続人(妻・子供2人)だった場合

3000万円+1800万円=4800万円

これが来年からの基礎控除額です。

と言う事は・・・

遺産総額が6000万円だった場合、6000万円ー4800万円=1200万円が課税対象額です!

 

一番注意しなければ行けない事!

「財産がないから大丈夫!」はダメです!!

 

相続税の対象は

不動産(購入後未登記のものを含む)

金融資産
預貯金・有価証券・家具・書画・骨董品・立木・果樹・船舶・自動車等々

金額に見積もり可能権利
貸付金・営業権・特許権等々

みなし相続財産
死亡保険金・死亡退職金等々

 

先祖代々受け継がれた大事な資産・大事な家族を守る為には・・・

まずは、元気なうちに相続財産を把握し、記録を残しましょう!

「有価証券の書類が見つからない」

「預貯金がどこにあるのかわからない」

「生命保険がどこにかけてあるのか知らない」

「確か、貸付金があるはずだ?」

等々・・・

本当に色々あります。

人の生き死にの話です。

中々話しづらいものです。

正直私もイヤで、先延ばししてしまいます。。。

しかし、決して相続の話をタブー視せずにしっかりと話し合いましょう!

話しにくい事は”遺言”として残しておくのも対策の一つですよ。

 

節税の仕方は色々あります。

相続税対策を「やるのとやらない」のでは、大きな差が出ます!

詳しくは税理士に相談してください!!

不動産投資はすべて自己責任です!

一緒に悩みましょう!!

不動産は素晴らしいものですよ。

0424

 


LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
津崎哲郎

津崎哲郎

バブル景気の生き残り。不動産の裏も表も見てきた男。「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」を合い言葉に不動産のコンサルタントをしています。

Comments

comments

★最後までお読みいただきありがとうございました!
もしよろしければ、ぜひクリックしていただけると助かります↓

建設・不動産業 ブログランキングへ


 

ブログではかけない、不動産投資の裏情報を公開中!


あなたは不動産投資で不労所得を得たくありませんか??不動産の裏も表も知り尽くした、津崎哲郎の不動産投資の裏情報、不動産投資の現場・裏側を知りたくありませんか??メールアドレスのみで費用なく、簡単に購読できます!お役立ち情報や、収益物件情報など、絶対に表には出てこない不動産情報もご提供いたします!!

メルマガ購読・解除
肥後の不動産屋 津崎哲郎の不動産投資帝王学
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 


コメントはこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



バブル景気の生き残り。不動産の裏も表も見てきた男。「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」を合い言葉に不動産のコンサルタントをしています。
プロフィール詳細はこちら

★もしよろしければ、ぜひ応援のために毎回クリックしていただけませんか

建設・不動産業 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

一押しの不動産情報


不動産の相談は
家族の幸せに”イエス”
 

株式会社 ie'sコーポレーション
 

AD