「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」不動産投資を学べる、現場の知識を大公開!

menu

不動産投資ブログ「津崎哲郎の不動産投資帝王学」

不動産投資融資に多くの”自己資金”を求められるようになりました!

昨年からの金融庁の指示により、アパマンの不動産投資に多くの自己資金を求められるようになりました!

これはいつもの事ですが、不動産投資の融資が比較的付きやすい時には物件価格の満額、また金融機関によっては諸費用まで入れ込んだ融資を行っていました。

不動産投資に対する金融機関の融資は、大きな金額が動きまたしっかりした担保があるという事で、金融機関も積極的に取り組みます。

しかし、融資が付きやすくなれば多くの物件が新築され需要と供給のバランスが崩れます。

 

それらの物件も需要があるエリアに建築されればいいのですが、そうとも限りません!

 

昨今サブリースの大手企業が世間を騒がしていますが、まず人が居ないような場所にも建築させ一括借り上げ!

結果は見えて居ます。

いつも応援ありがとうございます。
本日も”ポチ”っとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ



私は”サブリース”のシステムがすべて悪いとは思って居ません!

世の中では色々言われていますが、不動産投資は自己責任です。

いや不動産に限らず投資は自己責任です。

仮想通貨も騒がれていますが、自己責任です!

不動産投資の場合、人それぞれの考えが大きく反映されます。

融資にしても

ローンを大きく受ける派!

自己資金を入れてローン金額を抑える派!!

 

現在の不動産融資においては、残念ながら自己資金を多く入れて融資を受けなければならなっています!

少子化・不動産物件の建築増に伴う空室対策etc…

空室が増えれば借入金が返済できなくなる懸念があり、不良債権が出ないようにする為、金融庁から金融機関へ指示が出てしまった結果です。

 

自己資金・・・

いくら入れればいいのでしょうか?

物件の築年数・構造によって変わってきます。

基本的な考えは、物件の法定耐用年数によって融資期間が決まります。

融資期間が短くなれば、当然月々の返済額が大きくなります。

結果、フルローンで物件を購入した場合、月々の返済がマイナスになることになります。

空室のリスクを考えればマイナスがもっと大きくなってしまいます!

その為に、自己資金を入れる必要が出てきます。

特に今年からは、物件の担保評価も大きく下がってきました。

結果、より多くの自己資金を入れないと融資が付かなくなってしまいました。

結局返さなければならないお金なので、多く自己資金を入れることが出来る人は入れればいいと思います。

でも、手元にはお金を残しておきたいですよね・・・

不動産投資では何が起こるか予想できないこともあります。

中古物件は特にそうです!

不動産投資は悪い投資ではありません。

無くなることもありません。

今現在、物件の購入を考えてる方はしっかりと自己資金をプールしましょう!!

いい物件は突然現れます。

その時のために・・・

追加ですが、自己資金をプールするだけでは金融機関の融資が付くわけではありません。

詳しくは・・・

お問い合わせください(笑)

不動産投資はすべて自己責任です!

不動産は素晴らしいものですよ。

一緒に悩みましょう!!

 


LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
津崎哲郎

津崎哲郎

バブル景気の生き残り。不動産の裏も表も見てきた男。「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」を合い言葉に不動産のコンサルタントをしています。

Comments

comments

★最後までお読みいただきありがとうございました!
もしよろしければ、ぜひクリックしていただけると助かります↓

建設・不動産業 ブログランキングへ


 

ブログではかけない、不動産投資の裏情報を公開中!


あなたは不動産投資で不労所得を得たくありませんか??不動産の裏も表も知り尽くした、津崎哲郎の不動産投資の裏情報、不動産投資の現場・裏側を知りたくありませんか??メールアドレスのみで費用なく、簡単に購読できます!お役立ち情報や、収益物件情報など、絶対に表には出てこない不動産情報もご提供いたします!!

メルマガ購読・解除
肥後の不動産屋 津崎哲郎の不動産投資帝王学
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 


コメントはこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



バブル景気の生き残り。不動産の裏も表も見てきた男。「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」を合い言葉に不動産のコンサルタントをしています。
プロフィール詳細はこちら

★もしよろしければ、ぜひ応援のために毎回クリックしていただけませんか

建設・不動産業 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

一押しの不動産情報


不動産の相談は
家族の幸せに”イエス”
 

株式会社 ie'sコーポレーション
 

AD