「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」不動産投資を学べる、現場の知識を大公開!

menu

不動産投資ブログ「津崎哲郎の不動産投資帝王学」

0237 0317

 

物件を購入する場合「利回り」を重要視します。

しかし、ほとんどの場合「表面利回り」で税金や諸経費の事は書いてありません。

物件を検討する場合、必ず「固定資産税評価証明書」を請求すると思います。

これを基に「固定資産税」の計算をしましょう!

いつも応援ありがとうございます。
本日も”ポチ”っとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ



固定資産税とは、土地や建物を所有している人に、課せられる税金です。

 

税額は、1月1日現在市町村の固定資産課税台帳に登録されている土地や家屋の固定資産税評価額に1.4%(標準税率)を乗じた額になります。

 

税額 = 固定資産税評価額 ×  1.4%

 

固定資産税の賦課期日は、毎年1月1日とされています。

つまり、毎年1月1日現在での各固定資産の所有者に対して、その年の4月1日から始まる各市町村の財政年度における年税額をすべて課税する事とされています。

したがって、1月2日以降において固定資産を取得した者は、その年度の固定資産税の納税義務者にはなりません。

通常、物件の決済時に日割り計算をして清算をします。

なお、固定資産課税台帳登録価格は、3年ごとに評価替えがあります。

 

同一の納税義務者が一の市町村の区域に所有する固定資産の合計額が下記金額未満であれば課税されません

①土地          30万円

②建物          20万円

③償却資産        150万円

 

このように収益物件を購入する場合、税金等諸費用も計算に入れましょう。

 

「そんなのわかってるよ!」とよく言われますが、わかってない方も多くいます。

 

投資はすべて自己責任です!

しっかり考えて勉強しましょう。

不動産は素晴らしいものです!!

一緒に悩みましょう!!

02360136

 


LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
津崎哲郎

津崎哲郎

バブル景気の生き残り。不動産の裏も表も見てきた男。「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」を合い言葉に不動産のコンサルタントをしています。

Comments

comments

★最後までお読みいただきありがとうございました!
もしよろしければ、ぜひクリックしていただけると助かります↓

建設・不動産業 ブログランキングへ


 

ブログではかけない、不動産投資の裏情報を公開中!


あなたは不動産投資で不労所得を得たくありませんか??不動産の裏も表も知り尽くした、津崎哲郎の不動産投資の裏情報、不動産投資の現場・裏側を知りたくありませんか??メールアドレスのみで費用なく、簡単に購読できます!お役立ち情報や、収益物件情報など、絶対に表には出てこない不動産情報もご提供いたします!!

メルマガ購読・解除
肥後の不動産屋 津崎哲郎の不動産投資帝王学
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 


コメントはこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



バブル景気の生き残り。不動産の裏も表も見てきた男。「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」を合い言葉に不動産のコンサルタントをしています。
プロフィール詳細はこちら

★もしよろしければ、ぜひ応援のために毎回クリックしていただけませんか

建設・不動産業 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

一押しの不動産情報


不動産の相談は
家族の幸せに”イエス”
 

株式会社 ie'sコーポレーション
 

AD