「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」不動産投資を学べる、現場の知識を大公開!

menu

不動産投資ブログ「津崎哲郎の不動産投資帝王学」

熊本市は14日、南区城南町の塚原グラウンド(敷地面積約1万5千平方メートル)で仮設住宅96戸の建設を始めた。

6月中旬の完成を目指す。

熊本市は当面、同グラウンドや城南工業団地など城南町に計400戸、東区の秋津中央公園に約50戸の仮設住宅を設置する予定。

月内をめどに順次着工する。他に南区富合町にも50戸程度を建設予定で、県と協議を進めている。さらに建て増す可能性もある。

同グラウンドの仮設住宅は

1DKタイプ(床面積約19㎡)10戸
2DK(床面積約32㎡)79戸
3K(床面積約39㎡)7戸
木造の集会所(60㎡)
駐車場も整備する。

仮設住宅への入居は、自宅が全壊または大規模半壊となった人が対象。

 

また、国はみなし仮設国費で補修することを発表

いつも応援ありがとうございます。
本日も”ポチ”っとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ



国は、熊本地震で住まいを失った被災者に「みなし住宅」として提供した場合に限り、民間賃貸住宅の補修費を国費で負担することを決めた。14日に熊本市が明らかにしました。

みなし仮設は、震災などで住居を失った被災者が民間賃貸住宅に入居した場合、その住宅を自治体が借り上げる制度。

原則として家賃月6万円(乳幼児を除く5人以上の世帯は9万円)以下の住居が対象で、家屋が全壊か大規模半壊となった人は無償で入居できる。

1ヶ月以内に提供できる物件が対象で、1戸あたり57万6千円を上限に補修費を補助。

被災者が入居しても、みなし仮設と認められない場合は対象外。

国からの通知は9日付で、それ以降に補修した分に限られる。

国から色々な対策補助が発表されています。

再建・再出発のためにうまく活用しましょう!!


LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
津崎哲郎

津崎哲郎

バブル景気の生き残り。不動産の裏も表も見てきた男。「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」を合い言葉に不動産のコンサルタントをしています。

Comments

comments

★最後までお読みいただきありがとうございました!
もしよろしければ、ぜひクリックしていただけると助かります↓

建設・不動産業 ブログランキングへ


 

ブログではかけない、不動産投資の裏情報を公開中!


あなたは不動産投資で不労所得を得たくありませんか??不動産の裏も表も知り尽くした、津崎哲郎の不動産投資の裏情報、不動産投資の現場・裏側を知りたくありませんか??メールアドレスのみで費用なく、簡単に購読できます!お役立ち情報や、収益物件情報など、絶対に表には出てこない不動産情報もご提供いたします!!

メルマガ購読・解除
肥後の不動産屋 津崎哲郎の不動産投資帝王学
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 


コメントはこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



バブル景気の生き残り。不動産の裏も表も見てきた男。「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」を合い言葉に不動産のコンサルタントをしています。
プロフィール詳細はこちら

★もしよろしければ、ぜひ応援のために毎回クリックしていただけませんか

建設・不動産業 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

一押しの不動産情報


不動産の相談は
家族の幸せに”イエス”
 

株式会社 ie'sコーポレーション
 

AD