「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」不動産投資を学べる、現場の知識を大公開!

menu

不動産投資ブログ「津崎哲郎の不動産投資帝王学」

皆さんは老後のことを考えていますか?

「年金があるから大丈夫!!」と思っている方々も多くいると思います。

しかし、日本の年金制度は大丈夫でしょうか!?

日本の年金制度がどうなるかは私にはわかりません。

しかし、現在でも年金のもらえる額は確実に減ってきています!

支給開始年齢も引き上げられています。

 

万が一、年金が大幅に引き下げられたり究極、年金がもらえなくなったら・・・

皆さんはどうしますか!?

そのようになって慌てても「時すでに遅し」・・・

今のうちにしっかりと計画をしましょう!!

いつも応援ありがとうございます。
本日も”ポチ”っとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ



私がコンサルをする時、まずは皆さんに”将来の未来図”を描いていただきます。

これはカレンダーの裏にザックリでいいので描いてみてください。

 

そこで重要なのが必ず「必要なお金」とセットで書いていくことです。

 

例えば10年後に子供が大学受験をする!

通れば入学金や授業料・遠方に住むようであれば仕送りや住居費用etc…

このようなことをザックリでいいので書き出してください。

すると今後の未来に渡っての必要なお金、人生の年表が出来上がります!

その時々に合わせて、現在の自分の収入、収入の見込み等を考えていけばどのような資金繰りが必要かわかってきます!

果たして今の収入を貯金するだけで将来は安心ですか!?

 

現在、会社を退職して年金生活を送っている方々。

日本の為、家族の為に本当によく働いてこられたと思います。

しかし・・・

 

「住宅ローン破綻」や「老後破綻」が増えているのはご存知ですか?!

 

特に住宅ローンが払えなくなる方が増えています!

これは高齢者だけではなく、若い層にも増えてきています。

マイホームを購入する時に「これくらいなら・・・」等々で無理してローンを組み、収入に変化があってローンを払えなくなっています。

高齢者になれば「リバースモゲージローン」などの金融商品が出ていますので、少しは安心できるかもしれません。

 

でも色々な金融商品が出てきても結局は人の力を借りなくてはなりません。

自分の思い入れがあるマイホームでも査定をするのは他人です。

評価に則ってしかしません。

 

やはり自分でしっかりとした収入の道を確保するべきだと思います!

 

しっかりとした収入の道。

 

不動産投資が一番だと思います!

 

不動産投資は大儲けはできません!!

安定した収入で、将来にわたって計画が立てやすいと思っています!!

 

ぜひ一度しっかりと計画をしてください。

 

不動産投資は難しくありません!

一緒に悩みましょう!!

 

株式会社 ie’sコーポレーション


LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
津崎哲郎

津崎哲郎

バブル景気の生き残り。不動産の裏も表も見てきた男。「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」を合い言葉に不動産のコンサルタントをしています。

Comments

comments

★最後までお読みいただきありがとうございました!
もしよろしければ、ぜひクリックしていただけると助かります↓

建設・不動産業 ブログランキングへ


 

ブログではかけない、不動産投資の裏情報を公開中!


あなたは不動産投資で不労所得を得たくありませんか??不動産の裏も表も知り尽くした、津崎哲郎の不動産投資の裏情報、不動産投資の現場・裏側を知りたくありませんか??メールアドレスのみで費用なく、簡単に購読できます!お役立ち情報や、収益物件情報など、絶対に表には出てこない不動産情報もご提供いたします!!

メルマガ購読・解除
肥後の不動産屋 津崎哲郎の不動産投資帝王学
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 


コメントはこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



バブル景気の生き残り。不動産の裏も表も見てきた男。「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」を合い言葉に不動産のコンサルタントをしています。
プロフィール詳細はこちら

★もしよろしければ、ぜひ応援のために毎回クリックしていただけませんか

建設・不動産業 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

一押しの不動産情報


不動産の相談は
家族の幸せに”イエス”
 

株式会社 ie'sコーポレーション
 

AD