「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」不動産投資を学べる、現場の知識を大公開!

menu

不動産投資ブログ「津崎哲郎の不動産投資帝王学」

016

3連休いかが過ごされましたか?

突然の仕事で、ずっと地主さんと交渉をしていた

どっから見ても「バブル時代の地上げ屋」津崎です!

 

以前から土地の売却のお願いをしていた地主さんがいます。

金額の折り合いがつかず3連休で最終の交渉をしました。

休日は土地所有者が自宅にいる確率が高いので、どうしても最終的な交渉は休日になります。

結果は・・・ダメでした。

どうしてもこちらの金額では折り合えず、交渉は断念しました。

こちらとしてはいい条件だったと思うのですが、それは買主側の勝手な言い分です。

土地の値段はあって無いようなもの!

とくに売る気がなく、売る必要がない場合はこのような結果になってしまいます。

今回の土地はこのような土地でした!

スクリーンショット 2014-09-16 5.55.09

 

Aさん所有の土地に挟まれている、Bさんの土地です。

縮尺の関係で綺麗な土地の形に見えますが、実際はBさんの土地は細長い土地で、住宅を建てようにも簡単には割れない地形です!

市街化調整地域で、今までは何も使えない土地でした。

最近集落内開発が始まって、近隣に住宅が建ち始めています。

住宅を建てる為に住宅メーカーが販売している坪単価が8〜10万円。

という事は、造成費用や開発費用、道路の減歩が発生するので土地の仕入れ価格は3〜4万円だと思います。

いつも応援ありがとうございます。
本日も”ポチ”っとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ



031

 

 

近隣の方々が、約3〜4万円で土地を売却していたので、こちらの最初の提示額は”4.5万円。

おそらく値交渉があるので、このくらいの金額からスタートしました。

ここで勘違いをして欲しくないのですが、不動産屋の仲介は「手数料商売」です。

少しでも高い金額で売買契約をしたいのが本音です。

不動産屋が仲介の値段交渉にいけば「根切りに来た」等思われますが、それは違います。

基本、仲介業は売主と買主の交渉をスムーズにまとめるのが仕事です。

 

「この金額は無理だな・・・」と思う事もあります。

しかし、お客さんから申し出があるときは、先方と話をします。

その中で、お互いの妥協点を見つけます。

もし、折り合う事が出来なければ交渉が決裂するだけです。

最近の不動産業者で多いのが、自分の主観で話をする事!

お客さんからお願いがあれば、しっかりと相手に伝えるべきです。

非常識な金額でなければ・・・

 

今回の妥協点は”坪単価5万円”と思っていました。

現所有者が使う事がない土地です。

草刈りや固定資産税・・・所有するだけで経費がかかっています。

毎年マイナスになってる資産です。

しかも、両隣のAさんと折り合いが悪いみたいです!

そこに相場金額より高い金額提示!

売ってくれると確信していました。

しかし、何回行っても「坪8万円以下では売らない!!」との事。。。

「道を挟んだ土地は8万円で売っている!そこの先は10万円で売っとる!!」

と言われて交渉が進みません・・・

こちらもなぜ?5万円で金額を提示するのかを、資料を作って提示しましたがそれでもダメです!

 

どうしようも無く、買い希望者と話をして「最終金額6万円」で交渉する様にしました。

結論はダメでした・・・

 

「両隣と折り合いが悪い!相場より高い!地形が悪い!調整区域!etc・・・」

こちら側の勝手な思い込みでした。。。

売主も、売る理由が無ければ無理に売らなくても言い訳です。

「金額次第では売るよ!」の言葉に完全に舞い上がって、自分の論法を売主さんに押し付けていました。

反省です・・・

最後に売主さんから

「もし土地を売るときはお願いするからね!!」と言って頂きました。(苦笑)

 

今回はどうしてもそこの土地を購入する理由がありました。

基本、買主は不動産購入希望の場所は好きに選べます。

交渉がダメでも次を探せます。

売主は自分の所有する不動産しか売れません。

しかし、今回の様な事もあります。

勉強になりました。

 

やはり不動産業は楽しいですね

 

不動産投資はすべて自己責任です!

一緒に悩みましょう!!

不動産は素晴らしいものですよ。

021


LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
津崎哲郎

津崎哲郎

バブル景気の生き残り。不動産の裏も表も見てきた男。「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」を合い言葉に不動産のコンサルタントをしています。

Comments

comments

★最後までお読みいただきありがとうございました!
もしよろしければ、ぜひクリックしていただけると助かります↓

建設・不動産業 ブログランキングへ


 

ブログではかけない、不動産投資の裏情報を公開中!


あなたは不動産投資で不労所得を得たくありませんか??不動産の裏も表も知り尽くした、津崎哲郎の不動産投資の裏情報、不動産投資の現場・裏側を知りたくありませんか??メールアドレスのみで費用なく、簡単に購読できます!お役立ち情報や、収益物件情報など、絶対に表には出てこない不動産情報もご提供いたします!!

メルマガ購読・解除
肥後の不動産屋 津崎哲郎の不動産投資帝王学
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 


コメントはこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



バブル景気の生き残り。不動産の裏も表も見てきた男。「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」を合い言葉に不動産のコンサルタントをしています。
プロフィール詳細はこちら

★もしよろしければ、ぜひ応援のために毎回クリックしていただけませんか

建設・不動産業 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

一押しの不動産情報


不動産の相談は
家族の幸せに”イエス”
 

株式会社 ie'sコーポレーション
 

AD