「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」不動産投資を学べる、現場の知識を大公開!

menu

不動産投資ブログ「津崎哲郎の不動産投資帝王学」

最近、アパマンの金額が少しづつ下がって来ました。

どうしてか?

数年前から不動産投資ブームで、物件の価格が異常に上がっていました。

金融機関も優良の融資先として、アパマンの貸付を大きくしていました!!

金融機関が融資をするので、物件価格が上がる。

 

しかし、金融庁からの指導で不動産投資への融資を締め付けるようになって来ました!

アパマンの空室が増え、経営が立ち行かなくなり”破綻”に追い込まれる大家さんが増えて来たからです。

なんでも需要と供給のバランスですね。。。

今年の4月くらいから徐々に金融機関の融資締め付けが始まりました。

それまでは”諸経費を含んだフルローン”で不動産投資をすることができていましたが、徐々に”諸経費”だけは自己資金でとの流れになって来ました。

最近では、物件価格の1〜2割位の自己資金を用意するように言われます。

自己資金を用意しても、融資を受けられない購入希望者も出て来ました。

決して属性が悪い方々ではありません!!

それに伴い、今までは高値で流通していたアパマンがだぶつくようになって来ました。

結果、物件価格が下がって来ています。

当たり前の値段になって来ただけなんですが・・・笑

いつも応援ありがとうございます。
本日も”ポチ”っとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ



しかし、今熱い投資物件があります!

戸建賃貸物件!!

なぜ、戸建賃貸住宅なのか??

物件の絶対数が不足しています。

 

アパマンに比べて近所との煩わしさも少なく、騒音を気にする必要もありません。

マイホームを購入する前の、小さいお子様がいるご家庭では絶対だと思います。

戸建賃貸住宅に空室が出れば、即座に契約されています。

以前はマイホームを何かの理由で引っ越し、貸し出すパターンがほとんどでした。

その以前は長屋のイメージですね。。。

昔は、新たに戸建賃貸を建設すると建築費が高く投資には向いていませんでした!

しかし、最近は住宅の世界も機械化やユニット化が進み、工期が短縮され人件費も安くなり、巷でも数百万円住宅がメーカーから販売されるようになりました。

技術の進歩で「安かろう・悪かろう」ではなく「安くてもいい家」が建てられるようになりました!

 

建築費が下がったおかげで、戸建賃貸住宅に投資をしても十分利回りが出るようになって来ました。

 

そのような理由から、自由にのびのびと生活できる戸建賃貸住宅は今後ますます需要が伸びてくると思います。

 

今後当社でも戸建賃貸住宅のコンサルを増やしていきます!

現在も数棟のプロジェクトが進んでいます!!

ぜひお問い合わせを!!

不動産投資はすべて自己責任です!

一緒に悩みましょう!!

不動産は素晴らしいものですよ。


LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
津崎哲郎

津崎哲郎

バブル景気の生き残り。不動産の裏も表も見てきた男。「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」を合い言葉に不動産のコンサルタントをしています。

Comments

comments

★最後までお読みいただきありがとうございました!
もしよろしければ、ぜひクリックしていただけると助かります↓

建設・不動産業 ブログランキングへ


 

ブログではかけない、不動産投資の裏情報を公開中!


あなたは不動産投資で不労所得を得たくありませんか??不動産の裏も表も知り尽くした、津崎哲郎の不動産投資の裏情報、不動産投資の現場・裏側を知りたくありませんか??メールアドレスのみで費用なく、簡単に購読できます!お役立ち情報や、収益物件情報など、絶対に表には出てこない不動産情報もご提供いたします!!

メルマガ購読・解除
肥後の不動産屋 津崎哲郎の不動産投資帝王学
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 


コメントはこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール



バブル景気の生き残り。不動産の裏も表も見てきた男。「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」を合い言葉に不動産のコンサルタントをしています。
プロフィール詳細はこちら

★もしよろしければ、ぜひ応援のために毎回クリックしていただけませんか

建設・不動産業 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

一押しの不動産情報


不動産の相談は
家族の幸せに”イエス”
 

株式会社 ie'sコーポレーション
 

AD