「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」不動産投資を学べる、現場の知識を大公開!

menu

不動産投資ブログ「津崎哲郎の不動産投資帝王学」

0113-150x150 0313-150x150

 

昨日は「自宅を併設したマンション建築」の相談でした。

確かに、住宅ローンを入居者さんが払ってくれる様なものですから、得した様な気になりますよね!?

考え方としては間違ってない様な気がします。

しかし、よく考えて結論を出さないと失敗します。

いつも応援ありがとうございます。
本日も”ポチ”っとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ



大事な事は「そこに住む理由?」です!

例えば「親の介護」や「子供の学校」「職場の近く」等々・・・

理由を考えればいくらでも出てきます。

 

しかし、10年後はどうですか?

20年後はどうですか?

子供はずっと学校に通いますか?

仕事は死ぬまで続けますか??

親の介護も永遠ですか???

 

収益物件と自宅を併用して建てるとします。

仮に自分の自宅専有面積を80㎡とします。

1Rマンションであれば、大体一部屋20㎡くらいの広さです。

という事は 80÷20=4部屋 になります。

一部屋5万円の賃料がつく部屋でしたら、20万円/月 の家賃が消えています。

近くに20万円の部屋を借りた方がよくないですか??

 

万一、物件の売却を考えた場合、簡単には売れないのではないでしょうか?

 

しかし、自宅については考え方は色々な事情があります。

 

ローンを入居者さんに払って行ってもらう考えも悪くはないと思っています。

 

自宅併用マンションを考える場合は

①給排水・ガスの取出し管の確保

②水道メーターの増設を出来るようにしておく

③玄関ドア位置に筋違いを入れない

④室内の間仕切りを独立させておく

等々をしておけば大丈夫です。

 

このように、1つの物件でも色々な考え方、方法があります。

1つの事にこだわらず、考えましょう!

不動産は素晴らしいものです!

一緒に悩みましょう!!

0125-150x1500225


LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

The following two tabs change content below.
津崎哲郎

津崎哲郎

バブル景気の生き残り。不動産の裏も表も見てきた男。「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」を合い言葉に不動産のコンサルタントをしています。

Comments

comments

★最後までお読みいただきありがとうございました!
もしよろしければ、ぜひクリックしていただけると助かります↓

建設・不動産業 ブログランキングへ


 

ブログではかけない、不動産投資の裏情報を公開中!


あなたは不動産投資で不労所得を得たくありませんか??不動産の裏も表も知り尽くした、津崎哲郎の不動産投資の裏情報、不動産投資の現場・裏側を知りたくありませんか??メールアドレスのみで費用なく、簡単に購読できます!お役立ち情報や、収益物件情報など、絶対に表には出てこない不動産情報もご提供いたします!!

メルマガ購読・解除
肥後の不動産屋 津崎哲郎の不動産投資帝王学
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 


コメントはこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



バブル景気の生き残り。不動産の裏も表も見てきた男。「本当にその不動産で大丈夫?一緒に悩みましょ!」を合い言葉に不動産のコンサルタントをしています。
プロフィール詳細はこちら

★もしよろしければ、ぜひ応援のために毎回クリックしていただけませんか

建設・不動産業 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

一押しの不動産情報


不動産の相談は
家族の幸せに”イエス”
 

株式会社 ie'sコーポレーション
 

AD